当然と言えば当然なのですが、お店の運営にかかる費用はすべて商品の価格に上乗せされています。たとえば、こんな費用です。

【賃 借 料】店舗がある土地の持ち主に支払う家賃。
【宣伝広告費】雑誌やTVコマーシャルに出す費用。
【人 件 費】お店のスタッフや配送スタッフ、事務職員に支払う給料。

これが増えれば増えるほど、必然的に商品の値段(あなたがお店に支払う金額)も増えてきます。そうしなければ、そのお店が続いているはずがありません。

それではまず、大手量販店やチェーン店の場合を見てみましょう。

【賃 借 料】ほぼ全ての店舗が、土地や建物を借りて営業しています。家賃だけで年間何百万円〜何千万円も飛んでいく業界です。
【宣伝広告費】雑誌の記事やTVコマーシャルへの掲載費用は、一般消費者が聞いたら腰を抜かすような金額です。
【人 件 費】お店に関わるスタッフだけでなく、本社で雇われている人の給料まで全てあなたが支払う商品の代金に含まれています。

さらに、フランチャイズ店の場合は「ロイヤイティ」という費用も発生します。これは簡単に言えば、商品を売ったお店がフランチャイズ本部に支払う「お店の名前を借りるためのお金」です。家具の品質とは関係ない部分に、お金がかかっていることが分かります。

では次に、家具のオークの場合です。

【賃 借 料】先祖代々(というと大げさですが、曽祖父の代から)の土地でお店を出しているので、かかりません。0円です。
【宣伝広告費】山梨日日新聞のみ掲載していますが、それ以外はかかっていません。あなたに今ご覧いただいているホームページも、自作なので制作費用は0円です。
【人 件 費】家族経営なので必要最低限です。


もちろん、家具のオークには「ロイヤイティ」や「本社を維持する経費」などの無駄な費用はありません。

ここで思い出していただきたいのが、価格のひみつ①でお伝えした、「高品質な無垢材家具は、たくさん仕入れても安くならない。」という事実。

大手量販店やチェーン店と、家具のオーク。どちらが仕入れても、同じように高品質な無垢材の家具であれば、仕入れ値はほぼ同じです。それなのに、買う時にあなたが支払う金額が違う理由をご理解いただけたでしょうか。

いろいろな経費が上乗せされた価格と、最低限の経費しかかけていない価格。同品質の家具を買うなら、どちらの金額を払いますか?

以上が、無垢材の家具をご検討中のあなたに知っておいていただきたい、価格のひみつでした。